電話占い・霊感占い・無料占い他、様々な占いについて研究するサイトです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
陰陽道について
2008-04-10 Thu 18:01
今日は、陰陽道(おんみょうどう)について、語ってみましょう。

陰陽道(おんみょうどう)、正直、私も知っているようで知らないといいますか・・・あまりよく知らない未知の世界です。
陰陽道(おんみょうどう)の占い師の先生の鑑定を受けたこともありません。

調べてみますと・・・

陰陽道(おんみょうどう)。
中国伝来の陰陽五行説に基づき、天文・暦数・卜筮(ぼくぜい)などの知識を用いて吉凶・禍福を占う方術。朝廷は早くからこれを採用、陰陽寮を設け、平安時代には全盛を極めた。おんみょうどう。
とあります。

考え方としまして、「世の全ては、陰と陽によって創られているという基本的な教え・道理」といったといった考えのようです。

言われてみれば、そうですよね。

物事、どちらかです。
明るい、暗い。寒い、暑い。硬い、やわらかい。よい、悪い。などがそうでしょうか。

さて、陰陽道には、いくつかの術も存在するようです。

代表的なものは、物忌み・祓いといったもので・・・
人々が悪夢を見たり、不吉なことが起きたときに行われるのが「物忌み」で、さらに凶兆や魔を退けるために行われたものが「祓い」のようです。

物忌みの日数を暦や式占によって決め、儀式を行うのが、陰陽師といわれているそうです。

歴史は、古く日本に伝わったのは、今から1500年以上も前と言われています。
戦国の武将達は、政権を守り、存続させるために、深く信仰していたようです。

調べてみると、大きな意味で「歴史と占い」・・・きってもきれない関係ですよね。

今後も、人間という人物が、「悩む」という思考がなくならない限り、人間と占いは、今後も永遠と続く、よきパートナーとなっていくように、私は思います。

それでは・・・


スポンサーサイト
別窓 | 陰陽道 | コメント:0 | トラックバック:0
<<おみくじのこと | 占い研究所 | 人生相談。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 占い研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。