電話占い・霊感占い・無料占い他、様々な占いについて研究するサイトです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
占い師について
2008-04-12 Sat 18:35
今日は、占い師の先生について、考えてみましょう。

一般的に、みなさんは占い師の先生は、黒い衣装に、黒いベールをかぶって、水晶に手をかざし、魔女のじょうな長い爪をしていて、唇は黒くて・・・といった占い師像があるのではないでしょうか。

只今、占いには対面鑑定、電話鑑定、メール鑑定、お手紙での鑑定などがあります。

では、占い師になるにはどうすればよいか。

①書籍を読み、独学で勉強をする。
②占い学校に通い、占術を会得する。
③個人の占い師に直接、弟子入りする。

こんな感じでしょうか。

また、勉強した後、どうやって占い師デビューをするのか。

①占い館などの対面鑑定の会社に所属させてもらう。
②電話での占い会社に所属させてもらう。
③知人や、知人の店を借り、無料や少額で鑑定をさせてもらう。

こんな感じでしょうか。

デビューしたては、不安も多いもの。また鑑定の進め方にも、大変戸惑うようです。

ただ、慣れてくるのも時間の問題。

後は、能力といいますか、霊力。+その言葉を伝える言語力。

この2点で、人気が出るか出ないかが大きく、変わってくると思います。

人気のある占い師さんの共通点は、鑑定がスムーズ。的確。何でも話せる環境を作ってくれる。かといって慣れなれしくない。アフターフォローもしっかりとさりげなく。

以上の点でしょうか。

これは、あくまで私個人の見解ですが。

占い師は、様々な占術専門の協会に所属される場合も多いのですが、占い師には「占い師」という直接的な免許というものはありません。

それは、占い師にふさわしい、ふさわしくないということは、協会が決めることではないからです。

ご相談者さまが決めることなのです。

それでは・・・


スポンサーサイト
別窓 | 占い師 | コメント:0 | トラックバック:0
<<祈祷のこと。 | 占い研究所 | おみくじのこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 占い研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。